見えにくい舌側矯正

Lingual orthodontics

見えにくい舌側矯正とは

Lingual orthodontic

見えにくい舌側矯正とは

舌側矯正は、ブラケット装置を歯の裏側(舌がある方)に付けて外からは見えないようにする治療方法です。リンガル矯正とも呼ばれます。
一般的な治療方法である表側矯正は、歯の表側に矯正装置を付けるため口元が目立っていました。舌側矯正は矯正装置が隠れるので、人前に出るお仕事やイベントでも装置が気付かれにくくなります。
これまでの舌側矯正は「舌が装置に当たるため違和感がある」「発音しづらい」などのデメリットが挙げられていましたが、現在では装置が進化して課題となっている点が改善されてきています。「歯を矯正していることを知られたくない」「なるべく装置を見られないようにしたい」などのご希望をお持ちの方にご検討いただきたい治療方法です。

こんな方におすすめです

  • 周囲に知られたくない
  • 結婚式などイベントを控えている
  • 思春期のお子さまにもおすすめ
  • できるだけ治療期間を短縮したい
  • 装置による口の中の不快感を軽減したい

舌側矯正の特徴

  • 歯の裏側に装置を付けるので、表から見えにくい

    ほかの人とおしゃべりをしていても、ブラケット装置が見えにくくなります。「矯正していることを知られたくない」「なるべく装置が見えないようにしたい」というご希望にこたえられる矯正方法です。

  • ほとんどの症例に適応する

    舌側矯正は表側矯正と同様にブラケットとワイヤーを使った矯正方法です。歯科医師の観点からすると表側矯正よりも難しいという点はありますが、当院では表側矯正に近い形で治療を行なうことができます。そのため、基本的にはほとんどの症例に対応できます。

  • 虫歯になりにくい

    唾液は口腔内の細菌を洗い流す働きがあり、歯の裏側では常に循環しています。また、歯の表面を覆うエナメル質は表側よりも厚みがあります。歯の裏側に装置を付けると磨きにくくなるものの、虫歯になるリスクは表側矯正より低いといえます。

上顎は裏側に、下顎は表側に装置を付ける
「ハーフリンガル」

Half lingual orthodontic

上顎は裏側に、下顎は表側に装置を付ける「ハーフリンガル」

舌側矯正は、ブラケット装置を歯の裏側(舌がある方)に付けて外からは見えないようにする治療方法です。リンガル矯正とも呼ばれます。

こんな方におすすめです

  • 費用は抑えたい
  • できるだけ装置を見せたくない
  • 表側矯正や上下のフルリンガルと同じくらいの治療期間で歯並びを直したい

ハーフリンガルの特徴

  • 表側矯正と舌側矯正の両方のメリットを備える

    ハーフリンガルは、上の歯に舌側矯正、下の歯に表側矯正を施す治療方法です。
    上下の歯を舌側矯正にするよりも価格が低くなるので、「なるべく装置が見えないようにしたいけれど、予算を考慮すると難しい」という方にご検討いただきたいと思います。また、価格の面だけでなく、舌側矯正よりも発音のしにくさを抑えられるなど、機能面でも両方のメリットを兼ね備えています。

  • 装置が目立ちにくい

    口を開けたとき、下の歯よりも上の歯の方が目立ちます。そこで、歯の表側が見えにくい下の歯だけを表側矯正として目立ちにくさを保つようにしています。

  • 上下のフルリンガルに比べて費用を抑えられる

    上下の歯を舌側矯正にするよりも、価格が低くなります。装置の目立たなさを維持しながら予算を抑えたいとお考えの方におすすめです。

  • 発音への影響が少ない

    上下の歯を舌側矯正にすると、舌が装置に当たりやすいため発音しづらくなります。下の歯を表側矯正にすることで舌が装置に当たりにくくなり、発音に与える影響が改善されます。

カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置
(インコグニート)とは

Incognito

カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置(インコグニート)とは

当院の舌側矯正で使用している「インコグニート(Incognito™)」は、ドイツのハイテクラボラトリーTOP-Service社が提供するカスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置です。
患者さまひとりひとりの歯の形状に合わせて綿密な設計を行なったフルオーダーメイドの装置を作製します。
3Dデジタルスキャンで歯型を採ることで、装置の位置決めがより正確になります。
また、歯型をコンピューターで解析するため、ワイヤーもロボットで作製することができます。ロボットが作製するワイヤー形状は、太さの異なる最初のワイヤーから最後のワイヤーまで全く同じ形状で屈曲されており、誤差は極めて小さくより正確に形態が再現されます。
「インコグニート」では可能な限り厚みを抑えて作製しているため、口腔内の異物感が軽減され、発音障害がおきにくくなるなどの患者さまの負担軽減も考えられています。

※インコグニートを用いた治療は保険適用外の自由診療となります。厚労省の認可(医薬品医療機器等法上の承認)は得ていないため、まだ明らかになっていないリスクが存在する可能性があることをご了承ください。
※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済措置の対象外になることがあります。