コンセプト

Concept

ハニー矯正歯科の特徴

Feature

ハニー矯正歯科では、患者さまに安心して矯正治療を受けていただけるよう、以下のような特徴を掲げています。

矯正治療に特化した歯科医院

1

矯正治療に特化した歯科医院

矯正治療に特化し、見えにくいマウスピース型矯正装置を使った矯正や舌側矯正、幅広い症例に適応する表側矯正、保険適用の外科矯正など、さまざまな治療をご提供しています。また、小児矯正から大人の矯正まで行なっているので、すべての年代の方に治療を受けていただけます。さまざまな装置のなかから適切なものをお選びし、美しい歯並びの実現を目指します。

女性歯科医師による細やかな配慮

2

女性歯科医師による細やかな配慮

矯正治療後の見た目はもちろん、治療中に装置をつけているときの見た目も気になるものです。細やかな配慮で、より機能的かつ審美的な治療をご提案させていただきますので、お悩みやご相談がありましたら、お気軽にお話ください。また、和やかな雰囲気づくりを大切にしていますので、お子さまも抵抗なく通院していだけます。

デジタル技術を駆使した矯正治療

3

デジタル技術を駆使した矯正治療

当院では、歯科用CTや口腔内3Dスキャナーを導入しています。いずれも平面的ではなく立体的な情報を得られる機器なので、細部まで詳細に把握できます。これらの記録をもとに治療計画を立案することで、さらに精度の高い装置を作製でき、良好な結果へと導ける可能性が高くなります。

ドクターについて

About doctor

ハニー矯正歯科 院長 澤田紘美

初めまして。ハニー矯正歯科の院長・澤田紘美(さわだ ひろみ)です。この度、矯正歯科に特化した歯科医院を浜松市中区中央一丁目に開院いたしました。歯並びや噛み合わせについて専門的な治療を受けたいという方はぜひご来院ください。

当院は【誰もが安心して来院でき、相談しやすいクリニック】を目指しています。患者さまお一人おひとりに耳を傾け、症状や治療方針についてわかりやすい言葉で説明することを心掛けています。

矯正歯科治療に携わってきて一番嬉しい瞬間は、患者さまの笑顔を見たときです。私も上下の前歯がガタガタしていて歯並びについて悩んでいたことがありましたから、お子さまから成人の方、学業やお仕事でお忙しい方も、男女問わず歯並びで悩んでいる方の味方になります。どんな小さなお悩みでも構いません。私たちにお話をお聞かせください。

また、当院は指定自立支援医療機関です。噛み合わせのずれが大きいために顎の手術が必要な方や口唇口蓋裂などの特定の先天異常疾患の矯正歯科治療については、保険治療が可能です。矯正歯科治療を通した社会貢献も、私の大切にしているポリシーの一つです。

歯を見せて笑うこと、おいしく食べることの幸せを感じていただきたいです。すべてはすてきな笑顔のために。

Bee your best smile!

ハニー矯正歯科 院長 澤田紘美

略歴

2003年
東京学芸大学附属高等学校卒業
2009年
昭和大学卒業 同窓会賞受賞
2011年
国立大学法人 東京医科歯科大学歯学部附属病院 臨床研修修了
2013年
国立大学法人 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 顎顔面矯正学分野専攻生(大学院研究生)課程修了
2016年
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 矯正歯科 主任医長
2019年
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 矯正歯科 非常勤
2019年
ハニー矯正歯科 開院

所属学会

・ 公益社団法人 日本矯正歯科学会(http://www.jos.gr.jp/) 認定医
・ 東京矯正歯科学会(http://www.kokuhoken.or.jp/tos/
・ 一般社団法人 日本口蓋裂学会(http://square.umin.ac.jp/JCLP/
・ 特定非営利活動法人 日本顎変形症学会(http://gakuhenk.umin.jp/

論文

  • Sawada, H., Ogawa, T., Kataoka, K., Baba, Y. & Moriyama, K.
    Measurement of Distraction Force in Cleft Lip and Palate Patients During Le Fort I Maxillary Advancement with Rigid External Distraction. J CRANIOFAC SURG. 28, 406–412, 2017.
  • 志賀百年、澤田紘美、笹栗正明、竹内啓人、田中秀生、角谷徳芳、川元龍夫.
    Nasoalveolar molding (NAM)を用いた片側性口唇・口蓋裂児の治療における鼻形態と口唇の変化.
    九州矯正歯科学会雑誌14巻1号, 19-24, 2018.
  • 竹内啓人, 田中秀生, 澤田紘美, 志賀百年, 橋本賢二.
    VACTERL-H症候群が疑われた小児にみられた両側筋突起過形成の1例.
    日本口腔外科学会雑誌64巻10号, 605-611, 2018.

学会発表

  • 澤田紘美、鈴木芳恵、森田麻友、片岡竜太.
    海外選択実習で学んだ歯科医学教育の多様性について.
    第27回日本歯科医学教育学会、東京、平成20年7月
  • 佐藤智美、澤田紘美、志賀百年、吉崎正子、大隈瑞恵、辻美千子、佐藤麻緒、馬場祥行、金田一純子、小川卓也、森山啓司.
    Russell-Silver症候群の頭部X線規格写真を用いた顎顔面形態に関する検討.
    第70回日本矯正歯科学会、愛知、平成23年10月17-20日
  • 小川卓也、駒崎裕子、澤田紘美、佐藤智美、寺島多実子、山本俊雄、藤原武男、森山啓司.
    乳歯列完成期における不正咬合の発生率ならびに歯の発育異常に関する疫学的検討.
    第71回日本矯正歯科学会大会、岩手、平成24年9月26-28日
  • 森田淳平、宮本順、澤田紘美、森山啓司.
    気道断面積に着目した下顎骨後方移動術にともなう上気道形態変化の検討.
    第72回東京矯正歯科学会大会、東京、平成25年7月18日
  • 澤田紘美、小川卓也、駒崎裕子、鈴木尋之、辻美千子、原田清、森山啓司.
    両側性唇顎口蓋裂を伴うKallmann syndromeの1例.
    第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会、北海道、平成26年5月29-30日
  • 伊藤洋介、森下真紀、澤田紘美、東堀紀尚、川元龍夫、森山啓司.
    上顎前歯部歯槽骨切り術と下顎枝矢状分割術の併用により外科的矯正治療を行った骨格性II級不正咬合の一症例.
    第73回日本矯正歯科学会大会、千葉、平成26年10月20-22日
  • 駒崎裕子、小川卓也、澤田紘美、松本静、森山啓司.
    当分野における口唇裂・口蓋裂患者に対する上顎骨延長適応時期に関する臨床統計学的検討.
    第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会、東京、平成27年5月21-22日
  • 志賀百年、吉本紘美、渡邊司、森田淳平、田中秀生、竹内啓人、川元龍夫.
    片側性口唇裂を伴う患児に対する NAM治療における鼻・口唇の変化.
    第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会、東京、平成29年5月18-19日
  • 澤田紘美、志賀百年、田中秀生、竹内啓人、角谷徳芳.
    NAMを用いた術前顎矯正における鼻形態の変化と関連因子.
    第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会、新潟、平成30年5月24-25日

歯科衛生士について

Dental hygienist

歯科衛生士 桐山 忍

私も矯正治療を受けていました。
治療中の痛み、経験談などをお話ししながら、患者様1人ひとりがきれいな歯並びになれるように全力でサポートしていけるように頑張ります。

ハニー矯正歯科 歯科衛生士 桐山 忍