子どもの矯正
(小児矯正)

Pediatric orthodontic

子どもの矯正歯科治療とは
(乳歯列・混合歯列・小児矯正)

What is Pediatric Orthodontic

子どもの矯正歯科治療とは(混合歯列・小児矯正)

矯正治療は歯を動かして歯列を整えるほかにも、歯を正しく生やすために上下の顎のバランスを整えることがあります。このように顎の成長にアプローチできるのが、成長期のお子さまの特徴といえるでしょう。
歯列の乱れは、歯が全て並ぶスペースがないために起こる場合があります。乳歯が生えている段階で、顎のバランスを整えて永久歯が全て生え揃うためのスペースを確保することで、抜歯をすることなく歯を矯正できる可能性が高まります。また、大人になって矯正治療が必要になるリスクも下がります。天然歯というこの世に2つとない財産を守るには、小さいうちから矯正することが大切だと考えます。

  • 顎の成長を整えられる

    特殊な装置を使い、上下の顎のバランスを整えてきれいな骨格に矯正します。将来歯が生えるためのスペースを作り、永久歯がきれいに並ぶようにしていきます。

  • 抜歯の必要性が少ない

    成人矯正では、歯を並べるスペースが充分にない場合には抜歯することもあります。小児矯正では歯列が全て揃うためのスペースを作るので、抜歯せずに矯正治療できる可能性が高くなります。

  • 大人になってから矯正を必要とするリスクが減る

    顎のバランスをお子さまのうちに整えておくことで、将来矯正治療を必要とするリスクを下げられます。費用の負担が減るほか、通院に必要な時間や手間なども省けます。

  • 定期的な虫歯のチェックも可能

    お子さまの歯は虫歯になりやすいですが、定期通院の必要がある矯正治療では虫歯のチェックも行ないます。矯正治療をしながら、歯の健康も維持できます。

小児矯正の治療時期

Treatment time

一期治療

6歳~小学校中学年ごろ

一期治療

小児矯正はお子さまの大まかな年齢をもとにして、一期治療と二期治療に大きく分かれます。6歳から小学校中学年ごろに受ける矯正治療を「一期治療」と呼び、顎骨の成長をコントロールして上下の顎のバランスを整えていきます。それにより、将来歯が正常に生えてくるスペースを作ったり、正しい位置へ歯を誘導したりします。スタートするかどうか判断する時期の目安は【永久歯の前歯が生えてきた頃】です。
出っ歯や歯のデコボコなどは、歯そのものではなく骨格に原因があるかもしれません。骨格から整えることができるのは、成長期にあるお子さまだからこそ。お子さまの歯並びが気になる場合は、早いうちにご相談されるとよいでしょう。

二期治療

小学校高学年~中学生ごろ

二期治療

一期治療を経て永久歯が生え揃った、小学校高学年から中学生ごろに行ないます。成人矯正と同じく、ブラケットなどの矯正装置を使って歯を動かしていきます。
永久歯が生え揃う段階を「永久歯列期」といいますが、17~18歳ごろまでは歯もゆっくりと成長していると考えられています。この緩やかな成長過程を利用しながら矯正するので、成人よりもスムーズに歯を動かすことができます。
一期治療を経ているので、抜歯しなければいけないリスクが大きく下がるというメリットもあります。また、永久歯がきれいに生えてきた場合は、一期治療だけで矯正治療が終了となることもあります。

お子さまの矯正治療装置について

About orthodontic appliances