幅広い症例に対応できる
表側矯正

Front orthodontic

目立たない表側矯正とは

Unobtrusive orthodontic

目立たない表側矯正とは

矯正治療の中でも特にポピュラーな治療方法は、歯の表側にブラケットと呼ばれる装置を付け、ワイヤーなどで歯をコントロールして動かす表側矯正です。あらゆる症例に対応できるメリットがあります。銀色の装置が目立って審美性が気になる場合は、白や透明な素材で作られたブラケットを装着し、口元が目立たないようにする治療方法を用意しています。白いワイヤーを使用することで、さらに歯の色と区別が付きにくくなります。表側のメリットを維持しながら、口元を目立たないようにしたい患者さまにおすすめです。

こんな方におすすめです

  • 低価格で矯正治療を行ないたい
  • 装置が舌に当たる違和感や口内の異物感を避けたい
  • 歯に付いた装置が見えることに抵抗がない
  • 歯並びの状態が複雑

表側矯正の特徴

  • 難症例にも幅広く対応

    表側矯正は、矯正の基本となる治療方法です。そのため歯を移動させやすく、あらゆる症例にも対応できます。

  • 白やクリアな装置もあり、審美的にも安心

    一般的な表側矯正は金属製で銀色の装置を使用するため目立ってしまいますが、当院では歯の色に溶け込む白い装置や透明な装置を用意しております。目立たなくなるので口元を気にせず外出できます。

  • 費用を抑えることができる

    表側矯正は舌側矯正に比べて負荷の調整や確認をしやすいので、治療の価格が低くなります。

  • 装置の違和感が少ない

    歯の表側に装置を付けると舌が当たらないため、早く矯正装置に慣れることができます。食事や発音に関する障壁も低いといえます。

矯正装置の種類

Types of orthodontic appliances